モンスターを手放した話

約1年半くらい前、BABYMETALがロンドンのウエンブリーアリーナ公演を成功させたという記事を目にしました。筆者は、昔から、日本人が海外で成功を収めたという話に弱いところがあり、どんなバンドなのか興味を持ち、早速Youtubeで検索してみました。

 

見始めると、自分でも理由がわからない感情が押し寄せてきて、それから1ヶ月くらい、BABYMETALの動画を見続けることになりました。「メイト」と呼ばれるファンの多くは、その魅力に嵌ったまま逃れることができず、精神的に虜のような状態になってしまう人も多いと聞きます。

 

幸い、筆者の場合は、クリエイターの視点も持っているためか、自分に起きた現象を一歩引いて見ることができ、深みにはまらずにすみました。ただ、「ベビメタロス」といわれる感情を、ほんの少しだけ体験したことは事実です。

 

そのとき、BABYMETALチームは、ただクリエイティブな仕事をしているというだけでなく、何か神がかっている力があることを感じました。その理由は何なのだろうということを、ずっと考えていたのですが、いずれにせよ、その時、自分もこういう仕事の仕方をしないといけないな、と思ったものです。

 

BABYMETALのエピソードで印象に残っているのは、たくさんあるのですが、特に筆者が影響を受けたものをあげると、一つには、プロデューサーのものづくりへのこだわりです。プロモーション・ビデオのシーンを何十回も作り直したとか、作曲家が何度も修正したとか、という話を聞くと、彼らが単に「形を作ること」自体を目的としているわけではないことがわかります。

 

もう一つは、ボーカルのSU-METALが、ある雑誌のインタビューで語った話です。自分の中にモンスターがいる事に気がついて、ある時、そのモンスターに自由にやらせてみたらどうなるだろうと思って、ピョッと手放してみた。そうしたら、パフォーマンスをするたびに、そのモンスターが大きくなって、それが超人的なパフォーマンスをするようになったのだそうです。

 

筆者が思うに、「中元すず香」は、今世、地上界に出た肉体人間であり、SU-METALでいるときは、彼女の過去世で蓄積してきた魂の経験値のエネルギー体の部分が出てくるのであろうと思います。それがモンスターです。その部分のエネルギーには、明らかに男性エネルギー体が含まれています。この力(智慧)のことを、仏教ではパーニャパラミタと言っています。

 

筆者は、このモンスターの話から、色々学べることがあると思っています。それは、一般人にも当てはまる一つの成功モデルで、超人的な働きをするための意識のメカニズムについてです。

 

もちろん、もともと、それに関する自分の人生のテーマと、魂の経験値を持っているということが前提になります。SU-METALの場合でいうと、彼女は、メタルの暗い想念の世界を光で破壊するという、ある種の使命を持って生まれてきたということになっていますが、おそらく、「メタルの救世主」という設定は、ただの演出ではなくて、実際にそうなのだと思います。

 

その上で、こうしたパーニャパラミタを発揮するためには、二つの条件があると思います。

 

まず一つ目は、「想念帯の曇り」をなくすことです。具体的には、それは「つかむ(執着)」と「裁く」という、二つの思いを完全に放下することです。言い換えると、エゴを超越するということです。スピ系では、日々、「つかまなかったか」「裁かなかったか」という反省を繰り返すことで、想念帯の曇りが消え、潜在意識の中にある、自分が過去に蓄積してきた様々な能力が自然に蘇ってくるとされています。

 

BABYMETALのメンバーは、見るからに想念帯に曇りがなさそうです。3人のフロントウーマンの言動から、彼女たちが驚くほどピュアな心を持っていることが感じられます。「つかまない」「裁かない」というマインドは、自然に維持できていると思われます。

 

もう一つの条件としては、「愛の(通路になる)思い」です。エネルギーとしての愛は、高次元から、自分の行いを通して、三次元世界に表現され、相手に伝わっていきます。エネルギーが現象化するには、何らかの、三次元的な行いが必要になります。BABYMETALについて見てみると、彼女たちは、明らかに「愛を届ける」という思いを持って、パフォーマンスをしています。

 

つまり、BABYMETALは、奇跡的に、パフォーマーやクリエイターやその他の関係者が、地上的な汚れた想念から離れた(守られた)磁場の中にいる結果として、超人的なパフォーマンスを見せることができている、ということが想像されるのです。

 

実は、仏教で目指しているのは、こういう境地です。スピ系が目指しているのも、こういう境地です。「神がかった」力を発揮できるのには、理由があるのです。

 

こう考えると、いい年をした「メイト」たちが、彼女を女神と崇めて熱狂する理由が分かります。筆者も含め、彼らは、己の、欲にまみれた、神のいない人生のありようをよく知っているはずです。だからこそ、実際に神のごとき働きを見たときに、そこに神がいることの証しを感じ、その謙虚さの波動から、何かを学ぼうとするのだと思うのです。